タイでも快適に通話をしたいならwifiについて知っておこう

ワイファイ

ルーターと業者選び

wifiルーターの品質や通信事業者の品質は、比較サイトを使って利用者の感想などをチェックすることが一番確実です。全国で通信品質が安定しているのか、地方に強いのかなど通信事業者にはそれぞれのメリットがあるからです。

携帯

固定電話を引く際の権利

電話加入権は回線業者から買うか電話加入権専門店から買うことになり、後者の方が割安で済みます。購入の際にはISDN回線とアナログ回線の2種類から選びますが、ISDN回線は2回線が利用できるという点、アナログ回線は通話の安定性の高さと災害時に強いという点において優れています。

賢い利用の仕方

wifi

それぞれのメリット

最近は、旅行者が海外でインターネットを利用する事が多くなりましたが、タイでも通信回線網の発展によりインターネットを利用しやすい環境が整ってきました。通信会社によるインフラも整備され、wifiを使ったインターネットも利用しやすくなっています。タイでwifi回線を使用する場合、使う環境によっていくつかの使い分け方があり、その人にあった方法で使用するのがベストです。タイでwifiを利用するならいくつかの方法がありますが、それは「wifi回線を飛ばす」方法と「公共wifiを利用する」方法の2つです。「wifi回線を飛ばす」とは、自分で端末を利用して通信回線を飛ばすことです。これは、ルーターをレンタルするかテザリング機能を持ったスマートフォンを使用し、wifi回線を構築して飛ばします。メリットは自分で回線環境を持てるためインターネットを使用する環境には困らないことです。ルーターのレンタルであれば1日あたり650円〜1000円程で済むため、タイに数日間だけ滞在してインターネットを利用したい人には便利でしょう。また、スマートフォンも手持ちのものがSIMフリーであれば現地でSIMを購入するだけでインターネットが利用でき、テザリングすれば回線構築ができます。SIMフリースマートフォンを持っていなければ5000円程で購入できるため長い期間タイで常にインターネットを使用できる環境が欲しい場合などは現地のSIMを購入したほうが安上がりです。「公共のwifiを利用する」とはホテル、カフェ、空港等施設で提供されている無料のwifiスポットを利用することです。メリットとしては無料で使えるため気軽にインターネットができることです。タイではこういった設備も整ってきているため常にインターネット利用する必要がない場合など公共wifiで充分といえます。